日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

サブテーマ1

論文名:(02)【報告者2】中国企業の創出と進化

著者名:カク燕書  

管理番号:JBM_RP83-E86-2012_T-S_1_R2

大会第86回年次大会
期間2012年9月6日~9月9日
開催校日本大学商学部砧キャンパス
ダウンロードする

キーワード

中国企業(Chinese company)/改革(Reform)/創出(Creation)/進化(Evolution)/共存(Coexistence)

概要説明

【カク燕書】
本稿は中国の改革開放政策実施以降、いかなるプロセスを経て競争力を有する多様な企業群を創出し、どのように進化してきたのかを考察しようとする。国有企業改革の過程において大企業強化、中小企業手放し策が実施され、大企業の代表たる中央企業は、赤字状態から脱却、巨額利益を産み出す存在となっているが、それに対する批判の声は後を絶えない。一方、民営企業は、純粋な民営、私営企業の設立、中小国有企業に対する「放小」政策による所有構造改革、郷鎮企業の改制等、いくつかのルートを経て誕生したが、その育成は課題となる。国有企業に対する改革と再編、民営企業の生成、外資系企業の進出によって中国経済は、国有企業・民営企業・外資系企業という三大基本企業形態によって構成され、多元的な競争主体をそのプレーヤーとすることで進化し続けてきた。中国企業は国企・民企・外企の競争・共存時代に突入している。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.