日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

サブテーマ2

論文名:(02)【報告者2】日本アジア間連携的経営
――経営上の適応と経営論の進化――

著者名:竹野忠弘  

管理番号:JBM_RP83-E86-2012_T-S_2_R2

大会第86回年次大会
期間2012年9月6日~9月9日
開催校日本大学商学部砧キャンパス
ダウンロードする

キーワード

技術経営(Management of Technology)/プロセス・イノベーション(Process innovation)/経営戦略(Management Strategy)/マレーシア(Malaysia)/イスラム(Islam)

概要説明

【竹野忠弘】
従来,日本企業の対アジア国際経営戦略はアジア地域投資市場および同輸出市場に対応する経営問題として展開されてきた。これに対して,本稿では,アジアにおける事業展開を日本企業経営,特に製造部門の事業経営の革新の機会ととらえ,日系メーカならびに部品中小企業のアジア現地における活動事例について検討した。アジアにおける日本企業の製造業技術革新の要点は,既存の原価管理改善に依拠しながらも経営の方向性について発想の転換を図るということにある。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.