日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

自由論題

論文名:(04)価値の動態としての企業
――コジオール学派の諸説の再構成――

著者名:山縣正幸  

管理番号:JBM_RP83-E86-2012_F_4

大会第86回年次大会
期間2012年9月6日~9月9日
開催校日本大学商学部砧キャンパス
ダウンロードする

キーワード

ドイツ経営経済学(Betriebswirtschaftslehre)/コジオール学派(Kosiol-Schule)/企業用具説(Das Instrumentalthese der Unternehmung)/価値動態(Value Dynamics)/企業発展(Unternehmungsentwicklung)

概要説明

【山縣正幸】
ドイツ経営経済学においては,「価値の流れ」という観点から企業を動態的に捉えるアプローチが受け継がれている。そのなかでも,シュマーレンバッハの経験論的な性質と,ニックリッシュによって示された価値循環をトータルに捉えようとする体系性を包摂する枠組を提示したコジオールと,その門下であるコジオール学派の理論枠組は,独自の特質を有している。本稿では,コジオールによって提示された動態的企業観を明らかにしたうえで,それをベースとしてステイクホルダーと企業との関係性を理論的に体系化したシュミットの企業用具説,そしてそこから企業発展を実現するための役割としてのビジネス・リーダーシップを規範的マネジメントという概念枠組で捉えたブライヒャーの所説を検討する。この検討を通じて,ドイツ経営経済学における動態的企業観の特質を明らかにするのが,本稿の目的である。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.