日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

自由論題

論文名:(06)組織の倫理へのナラティヴ・アプローチの可能性

著者名:間嶋崇  宇田川元一  

管理番号:JBM_RP83-E86-2012_F_6

大会第86回年次大会
期間2012年9月6日~9月9日
開催校日本大学商学部砧キャンパス
ダウンロードする

キーワード

組織の倫理(organizational ethics)/実践(practice)/ナラティヴ ・アプローチ(narrative approach)/社会構成主義(social constructionism)/物語的探求(narrative quest)

概要説明

【間嶋崇、宇田川元一】
「組織の倫理化」が問われる現在,それに纏わる研究は,大きく2つの展開/転回を示している。規範の再確立を求める規範的アプローチ,組織の倫理の実際を詳らかにする批判的アプローチがそれである。いずれのアプローチも我々に重要な問いや視座を与えてきたが,本稿筆者は,この2つのアプローチから得られるそれらに加え,組織の中で倫理を「いかに行うか」という未来に向けた実践を問うことが重要であると考えている。そこで,本稿では,第3のアプローチとしてナラティヴ・アプローチを提案し,その重要性について主張している。とりわけ我々は,組織の倫理化において「組織の在り方に対する対話, 果てない探求」が重要であり,ナラティヴ・アプローチは,その対話や場について議論するに新しい可能性を拓くアプローチであると考えている。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.