日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

院生セッション

論文名:[08]買収後の企業再生を成功させるダイナミック・ケイパビリティ

著者名:芦澤美智子  

管理番号:JBM_RP83-E86-2012_GS_8

大会第86回年次大会
期間2012年9月6日~9月9日
開催校日本大学商学部砧キャンパス
ダウンロードする

キーワード

企業再生戦略(Turnaround Strategy)/ケイパビリティ・パースペクティブ(Capability Perspectives)/ダイナミック・ケイパビリティ(Dynamic Capabilities)/企業買収(M&A)/買収後統合戦略(Post-Merger Integration Strategy)

概要説明

【芦澤美智子】
本研究の目的は、Robbins and Pearce (1992) の企業再生プロセスモデルを踏まえた上で、そこで提示された企業再生における「戦略的改善活動」を成功させるダイナミック・ケイパビリティ(Teece et al., 1997)の要件を明らかにすることである。
戦略的改善活動に必要なダイナミック・ケイパビリティの獲得は内部での開発または外部からの調達によって可能となる。本研究では買収を対象として、外部からの調達のケースに絞って議論をする。外部(買収企業)から必要なダイナミック・ケイパビリティがもたらされるとすると、戦略的改善活動成功のために買収企業が保持し、被買収企業において効果的なダイナミック・ケイパビリティはどのようなものか。
 これを明らかにするため、買収後の企業再生で多くの実績を挙げている日本電産の事例を用いて分析を行う。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.