日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

院生セッション

論文名:[11]不正競争防止法における「営業秘密」の検討
――人的資源管理の立場から――

著者名:吉澤昭人  

管理番号:JBM_RP83-E86-2012_GS_11

大会第86回年次大会
期間2012年9月6日~9月9日
開催校日本大学商学部砧キャンパス
ダウンロードする

キーワード

不正競争防止法(Unfair Competition Prevention Act)/営業秘密(trade secret)/人的資源管理(human resource management)/モチベーション(motivation)/葛藤(conflict)

概要説明

【吉澤昭人】
人的資源管理には人材の合理的活用の側面とモチベーション維持の側面がある。両者の間には葛藤が想定される。法は制度環境として人的資源管理に影響を与え、葛藤の要因となる。本稿では不正競争防止法の営業秘密に着目し、同法や運用指針および運用実態を分析し、従業員に対する影響の様相を探った。営業秘密のうち、顧客名簿が争点となった判例を分析した結果、裁判では必ずしも従業員側に不利な結果ばかりではない点が確認できた。ゆえに企業・組織側は就業規則や個別の秘密保持契約といった手法を使い、自らに有利となる運用を行う。方策の如何により、合理的活用の側面は担保されるものの、モチベーションの維持向上には寄与しないケースが考えられる。日常業務上、人的資源管理を担う担当者は法令順守による人材の合理的活用とモチベーション向上との間でジレンマに陥らざるを得ない。当該分野において人的資源管理研究の立場からの提言が必要である。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.