日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

サブテーマ1

論文名:(02)【報告者2】企業経営における普遍主義と文化主義の相克を超えて
――コミュニケーション共同体としての組織観とディスコース分析の意義 ――

著者名:梶脇裕二  

管理番号:JBM_RP84-E87-2013_T-S_1_R2

大会第87回年次大会
期間2013年9月4日~9月7日
開催校関西学院大学
ダウンロードする

キーワード

普遍主義(Universalism)/文化主義(Culturalism)/承認(Recognition)/CRP(Complex Responsive Processes)/ディスコース(Discourse)

概要説明

【梶脇裕二】
】近年,企業経営におけるグローバル化がますます進行するなかで,普遍主義的価値観と文化主義的価値観の対立が大きな問題となっている。こうした対立を乗り越えるには,各地域に存在する多様な価値観に配慮した企業経営の「行動規準」を考える必要がある。本稿ではこうした「行動規準」を,多様な価値観に「共有された規範」と呼び,この形成と確立の可能性を認知主義アプローチと承認論の概念から考察する。それに基づき,企業経営における「共有された規範」が対話・会話や討議によるコミュニケーション活動を通じて形成されることを明らかにする。そして経営学・組織論における組織(企業経営)現象をコミュニケーション活動の反復的パターン(コミュニケーション共同体)と理解し,言説的実践を主とするコミュニケーション活動の分析(ディスコース分析)の重要性を強調する。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.