日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

サブテーマ2

論文名:(02)【報告者2】現在は『危機の時代』か

著者名:中瀬哲史  

管理番号:JBM_RP84-E87-2013_T-S_2_R2

大会第87回年次大会
期間2013年9月4日~9月7日
開催校関西学院大学
ダウンロードする

キーワード

危機の時代の企業経営(crisis management)/継続事業体(going concern)/原発事故(the Nuclear Accident at Fukushima Daiichi Station)/イノベーティブな経営行動(innovative management)/全体最適化戦略(overall optimization strategy)

概要説明

【中瀬哲史】
】現在の企業経営の「危機」とはプログラム委員会の考えるものではなく,企業経営に対する社会の厳しい対応のためゴーイングコンサーンたる企業経営が保証されていない点こそが「危機」である。この点は原発事故を引き起こしたにもかかわらず, イノベーションを起こさずに原子力発電に固執した電力産業,イノベーションを起こしたもののグローバル競争に敗れてリストラを繰り返すエレクトロニクス産業,から明らかである。電力産業からはイノベーティブな経営行動をいかにして起こさせつつ,公益事業としての責務を果たすのかを,エレクトロニクス産業の例からは電子部品産業の構造を把握し,求心力を保持しつつ多様性を担保できるような組織をどのように作るのか, また生産現場に埋め込まれるような生産システムをどのように作るのかを議論するべきなのである。企業経営が社会から再び認められるように, 経営学は議論する必要がある。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.