日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

自由論題

論文名:(14)地域におけるイノベーション創出に関する一考察
――日本の地域発イノベーションの方向性――

著者名:田中史人  

管理番号:JBM_RP84-E87-2013_F_14

大会第87回年次大会
期間2013年9月4日~9月7日
開催校関西学院大学
ダウンロードする

キーワード

イノベーション(innovation)/地域産業政策(regional industry policy)/地域活性化(regional development)/元気企業(excellent company)/長寿企業(long-lived company)

概要説明

【田中史人】
日本の地域社会は,少子高齢化,人口減少による高度な成熟社会を迎え,躍進するアジア諸国などとのグローバルな地域間競争の激化により,地域間,企業間,個人間の格差が拡大している。この地域経済を取り巻く厳しい状況の中,本稿では,地域における経済成長のけん引役と,その育成による地域経済の活性化の手法を中心に考察を加えている。まず,今までの地域産業に関する主な政策を振り返り,その政策効果の限界について言及する。そして,①成長企業の成功要因の分析,②地域における企業活動の実態把握という2つの分析枠組みを提示し,地域社会には,地域発元気企業(破壊的イノベーションの遂行)と,地場長寿企業(事業の存続・発展)という2つのタイプの中核企業が存在することを指摘する。その上で,両者の横断的連携による事業創造ネットワークの創出とイノベーションの実現という,日本的地域イノベーションシステムの方向性を導出している。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • 日本経営学会史(web版)
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

カテゴリーから探す

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.