日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

  • TOP
  • 第84集(2013年87回)
  • 自由論題
  • (15)日本企業のコーポレート・ガバナンスの現状分析
    ――内部統制報告書・東証コーポレート・ガバナンス白書を基にして――

自由論題

論文名:(15)日本企業のコーポレート・ガバナンスの現状分析
――内部統制報告書・東証コーポレート・ガバナンス白書を基にして――

著者名:市古勲  

管理番号:JBM_RP84-E87-2013_F_15

大会第87回年次大会
期間2013年9月4日~9月7日
開催校関西学院大学
ダウンロードする

キーワード

コーポレート・ガバナンス(Corporate Governance)/内部統制(Internal Control)/金融商品取引法(Financial Instruments and Exchange Act)/内部統制報告制度(Internal control report system)/日本企業の対応(reactions of Japanese companies)

概要説明

【市古勲】
内部統制報告制度が施行されて,2013年時点で5回の結果が報告されている。また,東証コーポレート・ガバナンス白書も4回目の発行に至っている。本稿では,これらデータを基に,本稿に先行して行った市古・津田(2010)(2012)の日本の上場会社を対象にしたインタビュー調査結果を検証した。先行研究では,日本の上場会社は,(1)当該制度に対して積極的な対応をとっていない,(2)コーポレート・ガバナンスと内部統制を連動したものと捉えており,むしろマネジメントに近いものと捉えている,という結果が出ているが,本稿におけるサーベイにおいても,この結果は概ねサポートされた。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • 日本経営学会史(web版)
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

カテゴリーから探す

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.