日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

自由論題

論文名:(09)パフォーマンス・マネジメント概念に関する理論的考察

著者名:福井直人  

管理番号:JBM_RP85-E88-2014_F_9

大会第88回年次大会
期間2014年9月4日~9月6日
開催校国士舘大学
ダウンロードする

キーワード

パフォーマンス・マネジメント(Performance Management)/人事考課(Performance Appraisal)/人的資源管理(Human Resource Management)/戦略的人的資源管理(Strategic Human Resource Management)/組織パフォーマンス(Organizational Performance)

概要説明

【福井直人】
本報告の目的は,近年のアメリカにおける人的資源管理制度のなかで注目を集め始めている「パフォーマンス・マネジメント(以下PM と略)」について理論的な考察を行い,その人的資源管理論的意義を探究することである。本報告では,まずPA とPA の各概念間の関係について理論的に考察を行った。PM は評価の継続性,人材育成との連関重視,戦略志向,組織パフォーマンスの向上が至上目的であることなど,PA とは異なる概念であることが明らかにされた。そのうえで,PM のHRM における位置づけを,PM の類似概念であるSHRM と比較検討しながら確認した。PM の導入により,PA を機軸として,経営戦略とHRM システム全体およびHRM 諸制度間の整合性を高めることで,組織パフォーマンスの向上をもたらしうることを指摘した。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.