日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

院生セッション

論文名:[06]中小規模病院経営改善における事例研究
――変革モデルにおける適応可能性――

著者名:谷祐児  

管理番号:JBM_RP85-E88-2014_GS_6

大会第88回年次大会
期間2014年9月4日~9月6日
開催校国士舘大学
ダウンロードする

キーワード

医療経営(Medical management)/経営改善(management improvement)/変革モデル(Change model)/戦略(Strategy)/組織変革(Organization change)

概要説明

【谷祐児】
昨今の医療機関を取り巻く経営環境の競争激化をうけ,経営状態の悪化による医療機関の倒産が増加傾向にあり,各医療機関には適切な医療のみならず安定した経営が求められている。我が国における医療機関は,病院8,565 施設中5,709 施設(66.7%)が医療法人で構成されており,更に199 床以下のいわゆる中小規模病院が全体の68.9%を占めていることから,これらの中小規模医療法人病院が医療現場の最前線を担っていると行っても過言ではない。これら中小規模民間病院経営改善の研究を行っていくうえで,事例研究は情報が少ないこの分野では示唆が多いことから,本稿では厚生労働省「医療施設経営安定化推進化事業」で扱われたケーススタディーを通して,組織戦略変革の理論的視点に基づき,経営改善に対するアプローチを類型化し経営改善のための方向性の差異を明らかにすることで,病院経営改善に対する独自の変革モデルを提示することを目的とする。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.