日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

サブテーマ1

論文名:(03)【報告者3】現代資本主義と株式会社
――個別資本の3循環と企業統治――

著者名:高橋公夫  

管理番号:JBM_RP86-E89-2015_T-S_1_R3

大会第89回年次大会
期間2015年9月2日~9月5日
開催校熊本学園大学
ダウンロードする

キーワード

新自由主義を超えて(beyond neo-liberalism)/ポスト資本主義社会(post-capitalist society)/個別資本の3つの循環運動(3 cyclical movement of individual capital)/株式会社(corporation)/企業統治(corporate governance)

概要説明

【高橋公夫】
現代資本主義は1980年代以降,新自由主義的経済政策やイデオロギーによって導かれてきた。しかし,その下部構造は産業革命以来,生産性革命とマネジメント革命によって知識集約化が進んだ。その結果,企業は利潤追求の貨幣資本循環や組織中心の生産資本循環ではなく,顧客創造の商品資本循環を中心に経営されるようになった。それが市場主義的な経済の再生をもたらした。しかし,革新を生み出す知識集約的な経済に決定的な要素は,多様な調達が可能になった資本ではなく,付加価値を生み出すさまざまな知識やアイディア,技術である。したがって,株式会社の資本集中機能の重要性は独占化段階よりも弱くなる。それは株式会社の証券化という資本の動化が成功し,一般化した結果でもある。そのため,株式会社の課題は資本集中ではなく支配集中をいかに正当化するか,つまり企業統治をどうするかにかかってくる。顧客を創造する革新的な生産力体系に相応しい新たな企業統治のシステムやイデオロギーが,新自由主義に代わって現れなければならない。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.