日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

サブテーマ2

論文名:(01)【報告者1】株式会社の本質・目的と巨大株式会社のガバナンス

著者名:今西宏次  

管理番号:JBM_RP86-E89-2015_T-S_2_R1

大会第89回年次大会
期間2015年9月2日~9月5日
開催校熊本学園大学
ダウンロードする

キーワード

上場会社(public corporation)/私的な政府(private government)/株主の多様性(diversity of shareholders)/マネジリアリズム(managerialism)/エージェンシー理論(agency theory)

概要説明

【今西宏次】
本稿は,「株式会社の本質を問う-21世紀の企業像」という問題を,「株式会社の原理を問う」を含めて,「巨大株式会社のガバナンスを問う」という視点から論じている。
筆者は,株式会社の目的を考える場合,上場会社と非上場会社を区別して考える必要があると考える。そして,今日の巨大株式会社の多くが上場会社であり,「私的な政府」といえるような状況になっていると主張する。株主価値を重視するイデオロギーは,非常に限られた一部の株主の利益に焦点を合わせている。そこでは,株主は,きわめて短期志向で,日和見主義的であり,外部にコスト押し付ける傾向をもち,倫理的な問題や他者の幸福には関心をもたない純粋に合理的で,自分勝手な人であると仮定されている。つまり,株主の目的を単純化し,単一ものであるとしている。しかし,実際には「多様な関心や価値観を有した多様な株主」が存在しているという点に基づいて,「巨大株式会社のガバナンス」は,managerialismの立場から再検討する必要があると主張している。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.