日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

自由論題

論文名:(18)ドイツにおけるコンツェルンの管理形態
――持株会社コンツェルンの構造と人的結合――

著者名:岡本丈彦  

管理番号:JBM_RP86-E89-2015_F_18

大会第89回年次大会
期間2015年9月2日~9月5日
開催校熊本学園大学
ダウンロードする

キーワード

人的結合(personelle Verflechtungen)/事業会社コンツェルン(Stammhauskonzern)/持株会社コンツェルン(Holdingkonzern)/事業型持株会社(Operative Holding)/戦略的持株会社(Strategische Holding)

概要説明

【岡本丈彦】
現代の巨大企業は国境を越えて活動を行うだけではなく,グローバルに活動を展開し,そして,同時に複数の事業を行っている。その際に,現代の巨大企業は,どのような管理形態を採用しているのであろうか。そして,どのような管理形態がグローバルに活動を展開し,複数の事業を営んでいる企業にとって有用であろうか。
本稿では,現代の巨大企業の管理形態の一端を明らかにするために,ドイツにおけるコンツェルンと,その研究に手がかりを求める。まず,ドイツにおけるコンツェルンを構造の観点から考察し,事業会社コンツェルンと持株会社コンツェルンに分類する。そして, 持株会社コンツェルンの類型化を行い,それぞれの管理形態においては,親会社と子会社にどのような権限があり,そして,子会社に自律性があるのかについて検討を行う。その上で,各管理形態と人的結合の関係を解明する。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.