日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

院生セッション

論文名:[03]韓国における化粧品の規制改革

著者名:李賑培  

管理番号:JBM_RP86-E89-2015_GS_3

大会第89回年次大会
期間2015年9月2日~9月5日
開催校熊本学園大学
ダウンロードする

キーワード

化粧品規制(cosmetics regulations)/化粧品法(Cosmetics Act)/薬事法(the Pharmaceutical Affairs Act)/規制緩和(deregulation)/産業保護政策(industry protection policy)

概要説明

【李賑培】
1999年に化粧品法が制定されるまで,韓国における化粧品規制は日本の薬事法に基づいたものであり,その法体系も類似していた。 新たに化粧品法が制定された背景には,①外資系メーカーによる市場開放への圧力と,②国内産業の保護・発展という政府の意図があったと思われる。化粧品法は2015年5月まで16回の改正を重ねながら変貌していく。とりわけ,「機能性化粧品」のカテゴリー新設と政府によるR&D支援条項は,韓国化粧品の規制改革の大きな特徴と言える。厳しい「機能性化粧品」認定基準は,外資系メーカーより韓国メーカーに有利に作用した。また,政府によるR&D支援も,企業や産業の競争力強化に一助したと考えられる。このような規制改革の下で,韓国化粧品産業は,2012年から貿易黒字になるなど,その国際競争力を高めてきた。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.