(01)【報告者1】日本企業における付加価値の創出<br>――事業組織の状況からの検討―― - 日本経営学会 経営学会論集 JABA.jp

日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

サブテーマ1

論文名:(01)【報告者1】日本企業における付加価値の創出
――事業組織の状況からの検討――

著者名:加藤俊彦  

管理番号:JBM_RP87-E90-2016_T-S_1_R1

大会第90回年次大会
期間2016年8月31日~9月3日
開催校専修大学
ダウンロードする

キーワード

付加価値(value-added)/技術革新(technological innovation)/戦略リテラシー(strategic literacy)/事業組織の対応能力(capabilities of business organization)/組織の〈重さ〉(organizational deadweight)

概要説明

【加藤俊彦】
本稿では,日本企業が直面する課題について,事業組織の状況を中心に考察を進める。ここでの主たる論点は,日本企業では,より多くの付加価値を生み出す方策を講じる必要があり,その実現には,単に新たな技術の創出に向けた活動の強化だけではなく,個別事業における基本的な戦略や組織のあり方に関する変革が求められることにある。以下では,まず日本企業の収益性と付加価値の状況を概観した上で,付加価値率が低迷している点を確認する。その上で,大手企業を対象とした調査データに関する分析の概略を示し,日本企業の事業組織において解決すべき問題について,事業戦略と組織特性の側面から,具体的に検討していく。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

カテゴリーから探す

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.