日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

サブテーマ2

論文名:(03)【報告者3】「社会の中での組織の機能」を問う
――経営学と協働の変容――

著者名:藤沼司  

管理番号:JBM_RP87-E90-2016_T-S_2_R3

大会第90回年次大会
期間2016年8月31日~9月3日
開催校専修大学
ダウンロードする

キーワード

有機物依存経済と鉱物依存経済(organic-dependent economy and mineral-dependent economy)/土地の生産性と労働の生産性(productivity of land and productivity of labour)/分業と協働(division of labour and co-operation)/脱埋め込みと再埋め込み(disembedding and re-embedding)/経済的権威(authority of economy)

概要説明

【藤沼司】
本稿は,産業革命の中心に「有機物依存経済から鉱物依存経済への転換」という「エネルギー革命」を据える。それが,人類史上あらゆる社会において課題であった人間の生存維持と産業の成長という2要因を和解させ,「マルサスの罠」からの解放を可能とした。これにより人間の諸活動の制約条件が,「土地の生産性から労働の生産性へ」と移行する。有機物依存経済の時代を生きながらも,いち早く労働の生産性に着目したのが,A.スミスであった。スミスは,労働の生産性改善にとって「分業に基づく協働」が重要であり,分業の進展は「市場の大きさ」に規定されると考えた。それを受け経済学は,市場メカニズム(社会的分業)に焦点化していく。後発の経営学は,個別的(作業場内)分業における労働の生産性改善を意識しながら,組織やその経営のあり様に焦点化していく。本稿は,産業革命から今日までの「社会と組織」との相互規定的な循環過程における「組織/経営学の果たした役割」を問うことで,「社会の中での組織の機能」を検討する。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • 日本経営学会史(web版)
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

カテゴリーから探す

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.