日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

サブテーマ3

論文名:(03)【報告者3】深化するグローバル化と「企業統治」問題
――「公と私」の再構築に向けて――

著者名:上田慧  

管理番号:JBM_RP87-E90-2016_T-S_3_R3

大会第90回年次大会
期間2016年8月31日~9月3日
開催校専修大学
ダウンロードする

キーワード

行政統治(Government Governance)/パワー・シフト(Power Shift)/公益事業ネットワーク(Public Utility Network)/エージェンシー(agency)/非出資型国際生産(Non-Equity Modes of International Production)

概要説明

【上田慧】
近年のコーポレート・ガバナンスに関する論議をめぐり,国際投資家などアクティビスト(もの言う株主)の関与が顕著となる一方,「もの言う市民」の台頭=パワー・シフト論が注目されている。企業においてもグローバルな企業市民としての役割が求められている。「プリンシパル(依頼人)・エージェント(代理人)関係」論は株主・経営者間という企業内の狭い統治理論であった。しかし,「社会と企業ガバナンスの関係」という主題に照らして,機能分割されオープンアクセスをとる公益事業ネットワークの再構築が緊要の課題と考える。また,「パナマ文書」が話題となり,「委託契約」に基づく非出資型の輸出向加工生産が地域に及ぼす影響を考えると,国内外の行政(官)のガバナンス(Government Governance)が必要であり,市民・公衆によるガバナンス(Public Governance)がそれを補完する仕組みが必要と考える。本論文では,エージェンシー理論を手掛かりに,公益事業ネットワークや国際経営の最新の動向を注視しつつ,21 世紀の時代が求める「公と私」の再構築に向けて,考察を深めることとする。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • 日本経営学会史(web版)
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

カテゴリーから探す

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.