日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

院生セッション

論文名:[04]スリランカの製造業におけるチーム作業の実態
――アパレル生産工場を中心に――

著者名:マンジュラ・ワンニナーヤカ  

管理番号:JBM_RP87-E90-2016_GS_4

大会第90回年次大会
期間2016年8月31日~9月3日
開催校専修大学
ダウンロードする

キーワード

チーム作業(Teamwork)/人的資源管理(Human Resource Management)/生産工場(Production Factory)/アパレル生産(Apparel Manufacturing)/スリランカ(Sri Lanka)

概要説明

【マンジュラ・ワンニナーヤカ】
本稿は,スリランカの製造業におけるチーム作業の実態について検討する。スリランカでは,チーム作業の効果について議論されているものの,チーム作業そのものがどの程度存在しているのかについては議論されていない。さらに,企業の管理者の多くが自社でチーム作業を実現していると明言しているが,上意下達と分業が徹底された伝統的な経営のあり方に基づくスリランカの企業内で,チーム作業の実態がどのようなものかは疑問である。そこで本研究では,一つのアパレル生産工場の人的資源管理のあり方を調査し,チーム作業の実態について検討することにした。その結果,調査対象になった工場はリーン生産方式の導入により作業組織を再編成し,チーム作業が促進されるように人的資源管理の方針が立てていることが分かった。加えて,チーム作業の基本原則「自律性・多能工化・相互援助」がスリランカの作業組織にも存在しているものの,自律性が限定されており,多能工化と相互援助を促進するために金銭的な動機付けが必要となっているということも把握できた。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.