日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

サブテーマ1

論文名:(03)【報告者3】医療の質評価と人材育成

著者名:瓜生原葉子  

管理番号:JBM_RP88-E91-2017_T-S_1_R3

大会第91回年次大会
期間2017年8月31日~9月2日
開催校岡山大学
ダウンロードする

キーワード

医療の質(quality of healthcare)/人材育成(human resource development)/プロフェッショナリズム(professionalism)/卓越性の追求(pursuit of excellence)/内的報酬(intrinsic reward)

概要説明

【瓜生原葉子】
医療は,国民すべてが一度は提供されるものであり,誰もが質の高い医療を受けたいと願う。しかし,医療資源は限られており,その資源配分の効率性を考えなければならない。その際,社会の視点と組織の視点が存在するが,本稿では,医療提供組織において,医療の質を高める資源配分に着目した。その質は,構造,過程,成果という指標で評価されるが,これらを高めるためには,医療提供者の人材育成が不可欠である。特に,多様な医療専門職をつなぎリードする人材のプロフェッショナリズムを醸成することが鍵となる。実証研究の結果より,関わるすべての人々を尊重・協働し合い,患者の期待に応える意識(卓越性の追究)を育てること,そのために,最新知識・技術の教育に留まらず,自律的に働ける環境,仕事結果のフィードバックや同僚から正しく評価され認められる機会などの内的要因を考慮した環境を整えることが,医療提供組織のマネジメントとして重要なであることが明らかとなった。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

カテゴリーから探す

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.