日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

自由論題

論文名:(20)公共性と効率性のミスマネジメントから生じる危機を分析する「ミクロ基礎」の枠組み

著者名:久原正治  

管理番号:JBM_RP88-E91-2017_F_20

大会第91回年次大会
期間2017年8月31日~9月2日
開催校岡山大学
ダウンロードする

キーワード

危機(crisis)/金融危機(financial crisis)/公共性と効率性(communality and efficiency)/ミクロ基礎(micro foundation)/組織文化(organization culture)

概要説明

【久原正治】
公共性の高い銀行業や電力業では,規制緩和が進む中で公共性と効率性とのバランスを欠いた経営行動が生じがちで,そのような個別企業の経営行動が集合して危機に結びつくことがこれまでの筆者の事例研究等から明らかになっている。ところが金融危機や過酷な原発事故の再発防止のための対策については,主としてマクロの規制環境や経済環境が分析され,マクロの規制強化策がとられることが一般的であり,そのような危機や過酷事故の背後にある個別企業の経営行動について経営学的に分析し,ミクロの組織の観点から危機の防止策が考えられることは少ない。本論では,マクロの危機をミクロの組織の問題におろして分析し,その再発防止策を考えるための理論的な枠組みを提案している。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • 日本経営学会史(web版)
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

カテゴリーから探す

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.