日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

院生セッション

論文名:[02]技術統合による新事業創出の成功要因
――デンソーにおける「農業支援事業」と「ヘルスケア事業」の比較分析――

著者名:暁艶  

管理番号:JBM_RP88-E91-2017_GS_2

大会第91回年次大会
期間2017年8月31日~9月2日
開催校岡山大学
ダウンロードする

キーワード

既存企業(existing firms)/新事業(new business)/知識(knowledge)/探索(exploration)/活用(exploitation)

概要説明

【暁艶】
既存企業にとって,新事業を成功させることは,非常に困難である。近年,既存企業は社内技術を外部技術と統合して,新事業を創出していることがよくある。筆者は前論文で,このような技術統合において,既存技術の既存分野での組み合わせ(アーキテクチャーの代替性と補完性)を理解する個人の視点から,新事業提案の意義を検討した。本稿では,(株)デンソーにおける農業支援室の「ProFarm」事業とヘルスケア事業室の「iArms」事業との比較を通じて,こうした技術統合による新事業創出に必要な知識をいかに構築したのかを分析する。具体的には,既存分野の知識利用(活用学習)と外部知識の利用(探索学習)をいかにマネジメントするかを検討する。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

カテゴリーから探す

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.