日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

サブテーマ2

論文名:(01)【報告者1】消えゆく日本的経営
――グローバル市場主義に侵食される日本企業――

著者名:上林憲雄  

管理番号:JBM_RP89-E92-2018_T-S_2_R1

大会第92回年次大会
期間2018年9月6日~9月8日
開催校新潟国際情報大学
ダウンロードする

キーワード

日本的経営(Japanese style of management)/グローバル市場主義(Globalization based on market principle)/共同体(community)/人材育成(Human resource development)/社会的価値(social value)

概要説明

【上林憲雄】
日本的経営はグローバル市場主義によって著しく侵食され,もはや風前の灯火の状態にある。日本的経営の要素として今日まだ辛うじて残っている特徴は「人材の育成志向」くらいである。また,日本的経営として取り上げられる要素では必ずしもないものの,評価基準を自国や自企業(己自身)にではなく諸外国や他企業という「外」に置く点も変わらぬ日本的特徴である。今後,ますますグローバリゼーションが進展する中,日本企業が世界に伍していくためには,外部に基準を求めそれに合わせようとするのではなく,自らで納得する基準を作り,それに沿ってユニークな人材を育成していくことである。加えて,グローバル市場主義が日本企業や社会に対しもたらす負の側面にも十分配慮する必要がある。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • 日本経営学会史(web版)
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

カテゴリーから探す

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.