日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

サブテーマ2

論文名:(02)【報告者2】日本の人事労務管理の変容
――競争民主主義的労働者支配から自己責任とフレキシブル化の労働者支配へ――

著者名:黒田兼一  

管理番号:JBM_RP89-E92-2018_T-S_2_R2

大会第92回年次大会
期間2018年9月6日~9月8日
開催校新潟国際情報大学
ダウンロードする

キーワード

労働者の統合メカニズム(the integration mechanism of employees)/能力主義管理(competence based personnel management)/競争民主主義(democracy of the competition between employees)/新時代の日本的経営(Japanese style management in new era)/自己責任とフレキシブル化(one’s own responsibility and flexibilization)

概要説明

【黒田兼一】
本論文は「日本的経営」の現在を人事労務管理の面から考察する。人事労務管理を,労働者の動員システム,「合意」形成システム,労働者の支配システムとして,その現状を問う。敗戦直後からの混乱を経て,日本の人事労務管理は,日本の労働者の意識と感情を管理のなかに取り込んだ「ヒト基準」の「動員システム」であった。一般に「終身雇用と年功制」と理解されているが,各人の「能力」を「平等」に扱い,その能力を相互に発揮させる「競争民主主義的」な支配システムであった。ところがバブル崩壊以降から現在まで続く人事労務管理「改革」は,その「ヒト基準」の特徴を削ぎ落とすものである。「仕事基準」を基本とした「自己責任とフレキシブル化」の支配システムといえる。だが,それは安定的に機能していない。雇用形態にかかわらず「従業員として正当に公平に扱う」ことが極度に後退しているからである。森岡孝二が指摘した「雇用身分社会」の雇用と処遇をめぐる「動員システム」を「ヒト基準」からどのように立て直すか。これからの重要な課題である。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • 日本経営学会史(web版)
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

カテゴリーから探す

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.