日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

自由論題

論文名:(39)外資系企業への震災影響

著者名:ラルフ・ベーベンロート  

管理番号:JBM_RP83-E86-2012_F_41

大会第86回年次大会
期間2012年9月6日~9月9日
開催校日本大学商学部砧キャンパス
ダウンロードする

キーワード

東日本大震災(Great East Japan Earthquake)/外資系企業(Foreign Affiliated Firms)/取引コスト理論(Transaction Cost Theory)/自立性(Autonomy)/駐在役員(Expatriates)

概要説明

【ラルフ・ベーベンロート】
この論文では、東日本大震災の影響が外資系企業へどの程度混乱をもたらしたのかについて考察する。現在、この状況については科学的な考察ではなく、国内新聞の記事から出てきた情報が多い。そこで、外資系企業にもたらした影響についてアンケートを用い統計的に明らかにする。取引コスト理論を用いて、自律性と駐在役員の帰国が外資系企業の変化にどのぐらい影響があったのかを分析した。結果としては、自律性は外資系企業に影響があることが明らかになった。この変化は特に規模が大きい外資系企業で見られることが分かった。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.