日本経営学会の全国大会報告の学術的成果を網羅

自由論題

論文名:(43)日本企業の競争力とCSV

著者名:佐藤憲正  中山健  百武仁志  

管理番号:JBM_RP84-E87-2013_F_43

大会第87回年次大会
期間2013年9月4日~9月7日
開催校関西学院大学
ダウンロードする

キーワード

CSV(Creating Shared Value)/CSR(Corporate Social Responsibility)/競争力(Competitiveness)/ソーシャルビジネス(Social Enterprise)/自然災害(natural hazard)

概要説明

【佐藤憲正、中山健、百武仁志】
本論文はCSV(Creating Shared Value)を中心として日本企業の競争力とCSVの関係を明らかにすることを目的としている。そのため、検証モデルを構築し、未解明な自然災害に関するCSV分野の事例調査と比較・検証を行った。事例対象企業三社を分析した結果、①自然災害に直面し、その解決のために事業の主力を振り向けた、②潜在ニーズを的確に捉え、被災者マーケットを創出し、自社の主力製品を改良し販売した、③自社のバリューチェーンを被災者マーケット用に改良した、④政府などの援助で被災者マーケットの拡大を行い、競争力を高めた、⑤被災者マーケットに合わせた自社製品を提供することで利益をあげることに成功したなどの共通点があることが分かった。
 そしてこの分析の結果、競争力向上とCSVは密接不可分に関連しており、社会的課題の解決と経済的価値を両立することは、競争力向上にもつながることが示唆された。

ページの先頭へ戻る

  • 日本経営学会
  • 經營學論集全論文掲載版
  • English Review of JABA Award
  • 日本経営学会90周年記念(周年記念講演)集成
  • IFSAM
  • ABM誌
  • 日本学術会議

Copyright© 日本経営学会 2012 All rights reserved.